So-net無料ブログ作成
検索選択

不調… [日記]

 昨日の早朝、パソコンに向かって仕事をしていたら、突然クラッと。
 そういうことは時々あるので、気にしつつも仕事を続けていると、頭とか体とかがやっぱりヘンな感じがする。
 その日のうちに仕上げる仕事だったので、またパソコンに向かうものの、クラッというか、フッと意識が抜けるというか、が、断続的に続く。
 こりゃやばいかも…。
 意識はしっかりしている、ものも見える、昔のことも思い出せる、手足もちゃんと動く。しかし、これが何かの予兆だったら…?
 症状がハッキリしないので病院に行くのをためらうが(病院慣れしていないので)、やはり大きな病気の予兆だったら恐い。恐れていたのは脳の病気。これは処置が早いほどいいという。やはり病院だ。
 病院や開業医をネットで調べ、該当しそうな診療科がある新宿の大学病院へ。


  

 病院に着き受付で症状を言うと、神経内科を案内された。
 数時間待って診察。その後CTを撮るが、急を要するような点は見当たらないらしい。
 MRIも受けることになったが、病院内の施設だと数日またないとならないらしく、近所の専門クリニックを紹介された。これはこの病院のあとに予約を取ってもらった。

 神経内科では、これといった診断はくだらなかったのだが、同時に計った血圧が190/100と、自分でもこれまで見たことのない数値が出た。計り直しても、180/95くらい。
 自分でも驚いた。医師も、自分だったらそんな風に起きてられないくらいの血圧だと言う。そのまま心電図をとって循環器内科を紹介されての受診となった。

 こちらも数時間待っての受診。予約なしの初診なので待たされるのは仕方ないが、こんなに待たされることがわかっていたなら文庫本の1冊でも持ってくるべきだった。

 循環器内科の診察でもやはり高い血圧のまま。心電図の結果は異常なしとのこと。触診しても特に問題はないらしい。ただ、ちゃんと調べた方がいいということで、まずは採血をする。
 レニンという項目も調べるので、30分目を閉じて安静にした後、試験管に5本ほど血をとられた。採血と言えば注射器での経験しかないのだが、今回は刺した針と管を通って勝手に試験管にたまる。吸引しなくても血が落ちていくのを見て少し不思議な気がした(当たり前なんだけど)。
 循環器内科は、血液検査の結果を踏まえ、治療の方針を決めたり、ホルター心電図で検査するために来週にまた受診することになった。

 採血が終わって、やっと医大病院での受診は終わり。10時から16時までかかった。
 その後、近くのクリニックへMRIを受けに行く。待ち時間なども含めて1時間。案内・操作してくれた人がそこらへんの若い兄ちゃんふうで、少し心配になった(笑)が、無事終了。帰りにCD-ROMを渡された。
 これで本日の受診は終了。

 今日はほぼ検査で終わった。
 素人考えだと、病院に行って受診すれば、すぐさま症状が改善するという期待を持ってしまうが、そうではないんだよな。
 まあ、ときどきフッとすることがあるものの症状は落ち着いている。
 そのまま帰宅。


 翌日は、MRIのCD-ROMを持って再び医大病院へ。
 受付でCD-ROMの取り込みを済ませ、神経内科でその結果を聞く。
 小さな虚血性変化があるものの、直近に受けたような脳のダメージはないというのでホッとした。
 しかし、クラッ、フッ、の原因は不明。
 やはり高血圧とか不整脈が主要因か。
 神経内科の医師から見れば、基本的には血圧は適度に低いほどいいらしい。150よりも140、それよりも130、120と低い方が、脳卒中など脳の病気が起こる確率は低くなるという調査があるという。

 高血圧と不整脈は若いときからの持病みたいなもので、付き合っていくしかないか。

 昨年も高血圧を指摘され、しばらく降圧剤を飲んでいたが、飲み続けるのが嫌でやめた。その代わり、運動(主に自転車と登山)と塩分控えめ(主に麺類=ラーメンや蕎麦を食べるのをやめた)を心がけていた。おかげで、わりと自分で血圧を管理できるようになった、と思っていた。
 しかし、2月は天気が悪く、そして大きめの仕事が入ったおかげで、ほとんど運動ができず、また一日中家にいるためにストレスが溜まってドカ食いを続けた。結果、1ヶ月で体重が2〜3kg増。また、仕事があるので睡眠時間も短めだった。睡眠時間は、もともと4〜5時間と短いほうだが、最近は3〜4時間くらいになっていた。
 急に血圧が上がったのは、このような生活習慣も大きな原因かもしれない。
 
 まずは食事を適度にすることと運動をしよう。
 火曜日は晴れたので、自転車に乗りたかったところだが、まだクラッとするような気がして一応控えた。代わり(?)に酒を飲んでしまったけれど。

 急な病気だったので、仕事の納期を1週間ほど伸ばしてもらった。
 仕事はしなければならないが、あくせくせずに、マイペースで進めるのがいいんだろう。
 なかなか、そうはできないけれど。


2014030401.jpg
MRIは昨年、右目が半分見えなくなったときも撮っている。
そのときはフィルムを渡されたが、今回はデータ。
自己保管なので持ち帰ってきた。
Windowsで開くことができ、自分の頭の中をみることができる。


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 8

corratec

お大事に、、、
私も色々とありますが、血圧、体重、食べ物には気を使ってますよ。
まずは時間が無い時様にローラー台ですね。

by corratec (2014-03-05 14:25) 

けい

血圧が高いのが心配ですね。脳に異常がなくて良かったです。十分に睡眠を取って休息できれば良いんですけどね。僕も仕事で無理しちゃう事が多いです。
by けい (2014-03-05 22:44) 

yoshida

corratecさん>
corratecさんのブログを拝見していると、飲んでばかり(失礼)のようでしたが、ちゃんと健康管理しているんですね。
みならいます。
by yoshida (2014-03-06 06:21) 

yoshida

けいさん>
働き盛りのころは無理もできますが、その無理があとから響いてくるのでしょうね。けいさんもお気を付けて。
by yoshida (2014-03-06 06:22) 

PhotonFisher

どうしても、時には無理をしなければならない仕事もありますが、お身体を第一に…。
ご自愛ください。
by PhotonFisher (2014-03-06 08:02) 

yoshida

PhotonFisherさん>
ありがとうございます。
その後、とりあえず何ともないですが、油断せずに気をつけようと思います。
by yoshida (2014-03-07 07:50) 

衡山

その後お加減いかがですか。お年が分からないけど、お酒を召されてかつあの食事の量はちょっと多いかもしれませんね。小生、知命一歩手前ですが、睡眠4〜5時間ではもう頭が働きません。あと、過去に頭を強打したとか殴られたの経験はないですか?それに起因するめまいが数年後に来るということもあります
by 衡山 (2014-04-12 23:43) 

yoshida

衡山さん>
お気遣いありがとうございます。
ただいま48歳です。同じくらいでしょうか?
今のところ以前のような症状は出ていません。
ただ原因がわからないので追加の検査などをしています。

ここに挙げている飲食の写真ですが、食べ物は妻との一緒のぶんなのでそれほど食べ過ぎというわけではないと思います。飲みは多いですが(今は控えめ)。

20歳代前半にスキーで転んで脳しんとうを起こしたことがありますが、それが今頃になって出てきたとは少し考えにくいので、原因は別の所かと。

ともあれ、衡山さんもお身体お大事になさってください。
by yoshida (2014-04-14 01:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。