So-net無料ブログ作成
検索選択

中森明菜のファーストアルバム、プロローグ [日記]

 確定申告はあるし、仕事はなかなか捗らないし、一日が長いようで短いです。
 思うようにコトは進みませんね。

 そんな中、この間から頭をよぎる歌があって、iTunesで探したりもしたのですが、デジタル音源より安かったのでCDを通販で。


20170217.jpg
中森明菜のファーストアルバム「プロローグ」です。
どの歌が聴きたかったかは秘密(笑)。スローモーションではないです。


 改めて調べてみると、デビューとこのアルバムが出たのが彼女が17歳の時、1982年。古い…。この人と自分は同い年だし、まあリアルタイムで聞いていたわけです。当時は、カセットテープのアルバムをウォークマン(というかアイワのウォークマン=製品名を忘れました)で聞いていました。

 アルバムを通しで聴いてみると、覚えていない曲も多く、それでも聞き込んでいると、忘却の彼方から断片的ながら記憶が蘇ります。歌を思い出すと同時に、そのときのシチュエーションが思い出されます。歌と当時の記憶がシンクロしているようで、不思議です。
 …ただ、このアルバムと関連づけられている主な自分の記憶は、アルバム発売の2年後のものです。記憶もあとから書き換えられたりして、けっこうあやふやになりますね。
 そして、思い出すのは、初夏の札幌、中島公園でのボート。デートでもしていたのでしょうか(笑)。


 アルバムを聴きながらこれを書いているのですが、しかし、当然ながら明菜の声が若い! 勢いに乗って2枚目の「バリエーション」もフルで聴きたくなってしまい、思わずポチり。密林、便利すぎ。

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 2

大型中年

Yoshidaさんへ

中森明菜は、好き嫌いがありますが、じっくり聞いていると、本当に稀有な歌い手だと思います。
近年CDを細々と出していますが、どれを聞いても彼女の歌の深さに驚きます。
by 大型中年 (2017-02-19 06:05) 

yoshida

大型中年さん>
好き嫌い、確かにありますよね。
カバーも出していますが、声質が独特なので、やはりオリジナルが合っているような気がします。

by yoshida (2017-02-20 05:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。