So-net無料ブログ作成
検索選択

オーディオーレシーバー LBT-AVWAR700 [日記]

 ふだん音楽を聴くのは、パソコンにつないだスピーカーやiPadに挿したイヤホンから。ミニコンポもあるのですが、ほとんど使われていません。たまに、CDをかけたりiPadをつないだりして音を鳴らすことがありますが、本当にたまに。それでもやや大きめのスピーカーで聴く音は無理がないし迫力があります。

 iPadにはたくさんの曲が入っているので、それをミニコンポにUSB接続して聴くのも楽しいのですが、曲を飛ばしたりするとき、わざわざミニコンポにケーブル接続されたiPadまで体を動かすのが億劫でした。そのうちワイヤレスにしたいなと思いながら、そのままだったのですが、amazonを覗いていたら、レシーバってそれほど高いものでもないらしく、良さげに見えた光出力のできるエレコムのLBT-AVWAR700を注文。

 今日、届きました。
 アナログケーブルは入っていましたが、光ケーブルがなかった。とりあえずWindows機とDACをつないでいる光ケーブルを拝借し、本機とミニコンポを接続。電源もつないで、ミニコンポの入力ソースをOPTICALに変更。PCやiPad側でBluetooth接続すれば準備完了。iTuneで曲を再生すると、すんなりミニコンポ(のスピーカー)から音が鳴りました。

2017031501.jpg
上の黒い箱がLBT-AVWAR700です。
前面にはランプ、背面には光デジタル、ステレオミニ、電源の接続端子があるだけ。


 
 
 
 セッティングも手軽なら、聴くのも手軽です。
 K妻が自分専用にBluetooth接続のアクティブスピーカーを持っていて、時々使わせてもらうのですが、低音を強調しすぎるのが鼻(耳?)について、聴き疲れしていました。ただ、この接続方法はとーっても便利なのがわかったので、ミニコンポもワイヤレス化しようと思っていたんですよね。今回のレシーバー投入で、リビングでも音楽が聴きやすくなりました。



 ところで、このLBT-AVWAR700は、aptXというコーデックにも対応しているのですが、自分が普段使うMacが対応していません。

2017031502.jpg
現状はSBC接続です。
そのせいか、ときどき音が途切れることがあります…。


 表向きは対応していないMacOSですが、少しOSを書き換えれば利用できるようになる様子。そのうち、やってみたいと思います。

nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 2

大型中年

Yoshidaさんへ

奇遇です。私もブルートゥースの発信・受信器を買いました。3千円程度でした。 ブルートゥース4でapt-Xが売り物ですが、本当にapt-xでつながっているのか、表示がない分わかりませんでした。音は、有線イヤホンと肩を並べるぐらい素晴らしい。
ブルートゥース技術の昨今の進歩は素晴らしい。 以前のブルートゥース2の機器とは大違いです。
by 大型中年 (2017-03-16 06:13) 

yoshida

大型中年さん>
行き着くところは、ワイヤレス&高音質でしょうか。
Bluetooth4ですか。この機器は3でした。違いはどうなんでしょう。
SBCですが、PCから飛ばしてミニコンポにつないだヘッドフォンで聴くと、クリアさがなくなって少しこもったような音になるようです。高音質で聴くには、やはりaptXなんでしょうね。
スピーカー出力するぶんには、そんなに大きなボリュームにできないので、今のところそんなに気にはなりません。それよりもワイヤレスの恩恵が勝っています。

by yoshida (2017-03-16 18:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。