So-net無料ブログ作成
検索選択

分割式モールトンのワイヤージョイントのゴム [自転車]

 タイトルだけを見ると、なんだかな? ですが…。
 分割式モールトン(に限らず分割式自転車)では、ワイヤーも前後に分割できるようになっています。その分割部分のジョイントにはゴムが付いています。ジョイントの回しやすさだったり、ジョイントがフレームにぶつかって傷を付けるのを防ぐためだと思うのですが、いつのまにか1つなくなっていました。どうしても経年劣化するのでしょう。

2017042201.jpg
ジョイントのゴムが1つない。


 
 
 
 応急処置として輪ゴムをグルグル回し付けていたのですが、さすがに格好悪い(誰も見てないですけど)。そこで、どう対処すればいいかネット検索したら、Oリングで代用(?)が効くとのこと。さっそく近所のホームセンターに行き、Oリングを買ってきました。
 ネット情報はBSモールトンのものがほとんどで、アレックスモールトンの情報が少なめ。BSモールトンでは、6.8×1.9mmがピッタリとの情報がありますが、BSモールトンとはジョイントの形状が異なります。念のため7.8×1.9mmも買ってきました。結果は、やっぱり6.8×1.9mmでOKでした。

2017042203.jpg
とりあえず2つのサイズのOリングを用意。1袋はおよそ100円。


2017042202.jpg
6.8×1.9mmのOリングを付けたところ。
バッチリ元の状態に戻りました。
見た目もスッキリ。





 さて、この週末も自転車に乗るつもりでいたのですが、今日、土曜はどうも天気がパッとしないようなので見送りました。代わりに自転車のメンテなど。

2017042204.jpg
チェーンやチェーン周りをクリーニング。


2017042205.jpg
スプロケもばらして洗いたいところですが、面倒くさがってウェスでゴシゴシ…。


 自転車もきれいにすると、気持ちいいですね。
 いちおう準備万端。明日は乗れるかな?
 
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0