So-net無料ブログ作成
検索選択

XK K124のサーボ交換 [ラジコン]

 XK K124。購入当初から動きが不穏でしたが、最近は顕著で左上にギュイーンとか、前方にポーンとか。壁や家具に衝突と墜落を繰り返してしまいました。幸い、機体の大きな破損がないのが救いです。
 こういう動きはSuperCPでさんざん経験しています。サーボが原因です。丁寧に観察していると、ピッチサーボは動きが悪く、モーターが超加熱したりします。エレベーターサーボは、スティックを最大に振るとガギガギと音がするので、どうやらギヤ欠けのようです。ものは試しと、サーボをばらして元に戻してみたのですが、そしたら全然動かなくなりました(笑)。仕方ない、通販の安い店を探して2個注文です。


2017042901.jpg
K124のサーボを2個、交換しました。


 K124は何度かばらしているので、作業は順調。
 途中、ケーブルをまとめるタイラップがなくなっていて、その買い出しで作業を中断したものの、交換作業自体は30分ほどでしょうか。その際、少し長めに思えていたリンケージを少しだけ縮めました。これらの作業に伴い、組み立て後はピッチ調整を実施。でもまだリンケージが長かった。ピッチゲージで0度を示すのが、スロットルの値が15くらいと大きめ。でも、まあいいでしょう。飛べば…。

 最後にホバして状態をチェック。とりあえず不穏な動きはなくなったようです。ジャイロもなんだかいい調子でキャリブレーションすると前より安定しているように思えます。実はジャイロも調子が悪かったのですが、もしかするとサーボ由来の不調だったのかも…。

 …というわけで、連休初日のヘリ調整でした。


 ピッチ調整時の準備について、ヘリビギナーさんとメールでやり取りさせて頂きました。どうもありがとうございました。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0