So-net無料ブログ作成

横浜 [カメラ・写真]

 朝から横浜へ。
 曇りの予報でしたが、晴れ間も覗いて薄曇り。けっこう暑かった。

2013062901.jpg
赤レンガ倉庫のあたり。

続きを読む


再びの異音 [自転車]

 夜の涼しさが気持ちよかったので、井の頭まで自転車を漕いでいたら、またあの異音が鳴り出しました。
 ん〜、も〜〜。

 リアのスイングアームのヒンジ部分を増し締めしての帰り道は、異音が少し変わった?
 帰ってきて周囲からスプレーグリスを吹いたあとに走ったら異音が止んだ?

 原因はやっぱりヒンジ部分のようです。
 体重が乗る部分ですから圧が強く、周囲から注油するくらいでは、すぐに油ぎれを起こしてしまうのかもしれません。分解してしっかりグリスアップするとかが必要なんでしょう。
 
 ヒンジのシャフトまでは手が出せないので、自転車屋に預けてのメンテでしょうかね。
 それはいいけど、日数がかかるなら代車がほしいかも。

シュワルベのリムテープ [自転車]

 先日付け替えたばかりで、乗ってもいませんが、リムテープを交換。

 欲しい本もあったので、一緒にシュワルベのリムテープをアマゾンで購入。
 アマゾン、何でも売っていますね。

2013062201.jpg
先日交換したタイヤとチューブを外してみたら、
やっぱりニップル穴がふさがれていませんでした。こういう所が数カ所。
高圧タイヤだし、このまま走っていたら、パンクしていたと思います。


2013062202.jpg
シュワルベのリムテープに交換。
幅広なので、十分にカバーしてくれますね。


 これでニップル穴が原因のパンクは避けられそうです。

 近所を2〜3km走ってみましたが、新しいタイヤは転がりもいいです。

チューブ、タイヤ交換 [自転車]

 先日パンクしたので、穴の開いたチューブと古くなったタイヤ、リムテープなども一緒に交換です。

2013062101.jpg

 チューブはパッチを当てて再利用できるかなと思ったんですが、ちょうどシュワルベの「S」のところに小さな穴が開いてて、パッチも貼りにくそうなので、これは廃棄。


 一方、買ってきた新しいリムテープがこれ。

2013062102.jpg
これしかなかった。

 左がウチに1つだけ残っていたシュワルベの18mm幅リムテープ。右が新しく買ってきたパナソニックの15mm幅リムテープ。幅が違います。あれ?

 一般的なBD-1のリムは幅が広いです。シュワルベの18mm幅はちょうどよかったんですが、パナの15mm幅はなんかニップル穴をふせぐのにギリギリでした。
 リムテープをはめると、ところどころ穴がふさぎ切れていないので、穴をふさぐようにずらしてからタイヤとチューブをはめます。が、その際にリムテープがずれて、結局、穴丸出しの部分もできたりして。タイヤをはめたあとにリムテープをずらすのが大変でした。でも、穴は微妙なふさがり方。大丈夫か…?

 乗ってみないと何ともですが、気分的に、そして作業的にシュワルベのほうがいい気がします。なんでパナは18mm幅のものを用意しないんだろう。

 …って書いていて、なんか、不安になってきました。ブログを検索すると、やはりパンクを危惧する人もいるようです。替えたばかりですが、シュワルベのを調達してまた交換しそうです。

異音が止んだ→快調→小金井へ→帰りにパンク [自転車]

 先日、洗車したついでに増し締めもしました。
 もしかして、という淡い期待をしながら乗ってみるも、やはり同じ異音。むしろ、前より大きくなっているような…。
 ところが、小さく右旋回をしたら、その瞬間に異音が止んだのです。

 増し締めしたとき、少し緩いなと感じたのが、リアのスイングアームとフレームをつなぐ部分でした。むむ、原因はここかと、ボルトを外し、556を吹きまくったあとに締め直し。さて具合はどうかと、早朝に小金井公園まで走ってみました。


 !!!!!
 ヒャッホー。
 快調です。(ほぼ)音のしない自転車に久しぶりに乗りました。静かな自転車はこんなにも気持ちいいものなんですね。


2013061801.jpg
どうやら、この部分で異音が発生していた模様。

続きを読む


井の頭公園 [自転車]

 今週はほとんどぐずついた天気。今日も、日中は降りそうで降らないどっちつかずの天気でした。
 どうしようかとも思いましたが、もう寒くもないし、たまには雨に濡れてもいいやと、15時過ぎに井の頭公園へ。太陽は出ていませんが、湿度が高く、今年初めて、玉のような汗(美化しすぎ)をかきました。
 公園のアジサイも見頃ですね。
 気がついたのですが、池の周りのアジサイには赤系の花がありません。土壌が酸性?なんでしょうかね。

2013061501.jpg
梅雨の季節らしく青仕上げ。

続きを読む


ヘッドパーツ交換 [自転車]

 日本橋の店でヘッドパーツを交換。
 帰りに走ってみると、やっぱり音が。
 異音解消の最後のかけだったんですが、あえなく玉砕。
 でも、少しかっこよくなったので、ヨシとします。

2013061101.jpg
O-DOTのヘッドパーツ。
グリーンがかったグレー。
本体の水色に渋い差し色。


 帰ってきて、久しぶりに洗車&注油。
 そしたら、シフトワイヤーの先端付近がほぐれて切れかかっていたのを見つけたので、交換しました。

 最近、自分のBD-1に目をかけていなかったので、汚れがこびりついて落ちないし、ワイヤーの切れ端がディレーラーに嚙んで抜けないし、と少々可哀想な有様でした。

 目も手もかけてやるので、機嫌良くなってチョーダイ。

ヘッドパーツの輪っかが割れていた [自転車]

2013060901.jpg
ヘッド分解。

 鳴り止まない異音に業を煮やし、あまり触りたくなかったヘッドを開けて、グリスアップすることにしました。フロントフォークとハンドルを抜いて…。
 ところが、MORTOPのヘッドパーツはシールドベアリグなので、ほとんど内部を触ることができません。

 とりあえず、接触部や回転部だけでもグリスアップするつもりでいたら、ポロッと輪っか(ワッシャー?)が落ちてきました。汚れたグリスを拭き取ってみると、なんと割れています。

2013060902.jpg
最初から割れていたという仕様か?
よく見ると、ギザっているので、やはり乗っている間に割れたようです。
という仕様のようです。取り出しやすくするためとか。

 異音の原因はこれ?  しかし、これとあの異音(チリチリ、チャリチャリ…)がつながりません。これが原因とは思いにくいのですが、ともあれ、パーツ破損ではあるので要交換です。
 異音の原因はこれではありませんでした…。

 ところが、近郊にある何件かの有名自転車店に電話で在庫を確認すると、MORTOPのBD-1用ヘッドパーツの在庫がなく、あったとしてもゴールドとレッドとか。ん〜本体の水色には合わないし。
 純正を在庫しているところもありましたが、スムーズに動くシールドベアリングのヘッドパーツを使うと、ちょっと、と思ってしまいます。

 あと小径に強いところは日本橋か…。電話してみるとMORTOPはやはりカラバリが少ないものの、O Dotのものがあるとのこと。少々お高い(12,000円)のですが、仕方ない、それにしてみようかな。週末は混むというので、平日に持ち込んで交換しようと思います。

 この交換で異音が収まれば御の字です。
 交換しましたが、異音収まらず。

 異音のヘッドパーツ原因説は、ヘッドパーツにタイする濡れ衣でした…。

ラーメン(純連)と自転車 [自転車]

 昼間、用事があって高田馬場へ。
 のんびり行こうと散歩がてらに神田川沿いを歩きましたが、汗ばむくらいの気温です。夏です。
 そして用事を済ませての帰り、「純連」の文字が飛び込んできました…。あろうことか(笑)昨日に引き続き、今日もラーメン屋へ突入です。

2013060801.jpg
味噌バターコーンラーメン。

 札幌ラーメンといえば味噌なので、味噌系を頼みましたが、何が入っているんでしょうね、この味噌。うまかったなぁ。東京にある札幌ラーメンって画一的な味のようであまり惹かれないのですが、ここは別物、別格ですね。
 女子にちょうどいいくらいの麺の量だったので、男子は少なく感じるかも。もう少し食べたかった…。というくらいにうまかったです。


 2日続けてラーメンではカロリー過多なので、涼しくなってから自転車。
 といっても井の頭公園までですけど。

続きを読む


夏おでん、塩おでん、ラーメン [飲み食い]

 最近、なぜか食欲旺盛です。
 飲みが続いたせいか、胃袋が少し大きくなった模様。少し節制しないと。
 と思いながらもなかなか飲みの誘惑には勝てないわけで…。

2013040601.jpg
昨晩のこと。
西新宿の塩おでん屋の夏おでん。

続きを読む


江戸東京たてもの園 [自転車]

 午前中は江戸東京たてもの園。
 いつもの小金井公園ですが、今日はたてもの園での写真撮り。
 以前K妻とも来たのですが、彼女がいるとゆっくり写真が撮れないので、今回はひとりです。
 開園直後に入ったこともあって、来場者も少なく、撮りやすかったです。昼頃になると、ずいぶんと人が増えました。平日なのに、みんな時間の余裕があるんですね(人のことは言えませんが)。


2013040401.jpg
湯婆婆出てこい…。
これを撮りたくて魚眼を持って行きました。
下がちゃんと写っていないのは、開園間もなくて掃除する人が写ってしまうからです。
というか開園前に掃除をしてほしい(ボランティアスタッフも多くてあまり無理を言えませんが)。

続きを読む