So-net無料ブログ作成
検索選択

ORICOのUSB3.0対応HDDスタンド [パソコン]

 先週まで仕事が詰まっていたわけですが、当然その間はデータのバックアップを頻繁に取ります。使っているパソコンがMacなのでTimaMcineを使えば簡単です。…と、それはいいのですが、今回、バックアップに使っているハードディスクの容量が不足し、仕事の途中でバックアップが取れない状況になってしまいました。
 バックアップ用のハードディスクはHDDスタンド(クレードル)を使っていて、それに1TBのハードディスクをセットしています。その容量不足です。以前にバックアップされたデータを消去して1TBを空にしても、やはり容量が足りません。しかたがないので、別々のハードディスクに細切れにデータを保存してやり過ごしましたが、仕事が一段落したのでバックアップ用のハードディスクを新調することにしました。仕事が終わったといっても、まだ日の目を見たわけではないので、もうしばらくはデータ保全に留意しなければなりません。

 これまで使ってきたHDDスタンドはIEEE1394b対応のものです。インターフェースの規格が古いのは仕方ないのですが、ネックはハードディスク容量の上限が1TBまでということ。つまり、ハードディスクだけでなくHDDスタンドも一緒に新調する必要がありました。

 ネットを徘徊し、といってもほとんどAmazonですが、検索を繰り返しました。当初は日本のメーカーの製品を当たっていましたが、レビューを見るとどうもいまひとつな印象。そのレビューをたどっていって見つけたのが、この製品でした。

2017080601.jpg
ORICO USB3.0 HDDスタンド。

 インターフェースはUSB3.0。十分です。よくわかりませんが、UASPにも対応とか。
 セットできるHDD容量の上限は、8TBとこれも十分。
 レビューも上々で、Macでも大丈夫とのこと。
 そして何より値段が安い。
 なんと2000円ちょっとです。
 もちろん、電源ケーブル、USBケーブルが付属します。
 もう即決で注文です(その後、透明モデルがあることを知ってそちらにすれば良かったと…笑)。

 先週末の金曜の夜に届いて、昨日の土曜日にセットアップ(といってもケーブルをつなぐだけ)、そしてバックアップ開始。問題なく動いています。トラブルなし。素晴らしい。
 ORICOというのは深圳のメーカーのようですが、日本のメーカーも頑張ってもらいたいですね。

続きを読む


nice!(9)  コメント(4)