So-net無料ブログ作成
検索選択

高尾山 [山]

 昨年の秋以来の高尾山。
 膝の様子見、リハビリです。
 結果、行き(登り)はよいよい、帰り(下り)は怖い、でした。ただ、痛くてリフトで降りた前回とは違い、なんとか自力で降りられたので、多少なりとも治ってきてはいるのでしょう。ヨシヨシ。


2017011401.jpg
登りは6号路で。
登り始めに見たウェットな笹の葉。


続きを読む


高尾山で足(膝)慣らし [山]

 1年ぶりくらいの低山ですが山です。
 膝の状態の様子見です。
 荷物は極力抑え、カメラと水と絆創膏などの緊急セットのみ。

 高尾山は、麓から頂上まで標高差400mくらい。今日の登った稲荷山コースのコースタイムは登りで1時間30分ほど。
 段差の大きな階段などを超えるのが多少つらかったものの行きは良かったのですが、帰りは3号路を経て舗装された道に出たとたん、膝に来るショックが強くなりました。ストックを忘れたのも失敗でした。
 途中で痛みが増したら困るので、素直に諦め、リフトで下山としました。

 まあ、多少は登れるというのがわかったのは収穫です。あと何度か低山登山でリハビリを繰り返す必要がありそうです。


2016091001.jpg
ケーブルカー乗り場。


続きを読む


第7回 TKフォトクラブ作品展に行ってきた [山]

 富士フォトギャラリー新宿で開かれているTKフォトクラブ作品展を拝見してきました。
 ブログでお世話になっているよしころんさんも出展されている、山岳、自然風景の写真展です。
 近くでの開催だし、一度よしころんさんにもお会いしたいと思い、行ってきました。会場でお会いできて良かったです。
 写真展ですが、迫力があったり、雄大だったり、ストイック(?)だったり、いろんな山や自然の表情が楽しめました。
 会期は17日(木)までとのことなので、お近くの方、見に行かれては?

2016051601.jpg
会場の富士フォトギャラリー新宿(東京都新宿区西新宿6-12-6)。


続きを読む


高尾山 [山]

 午後から高尾山へ。
 標高は低いですが、今年初めての山登り。
 12時過ぎに家を出ても明るいウチに行って帰ってこれます。さすが、アクセスはいいですね。
 13時過ぎに高尾山口について、いつものように稲荷山コースを行きます。

2016010901.jpg
稲荷山コースのお稲荷さん。


続きを読む


秋の塔ノ岳 [山]

 塔ノ岳に登ってきました。
 大倉〜塔ノ岳〜鍋割山〜大倉のコース。
 8月に登ったときは、久々の登山だったのとあまりの暑さでバテバテだったので、自分的にはリベンジです(笑)。


2015101801.jpg
登り始めて1時間くらい。
一見すると斜めに見えますが、樹が傾いているんです。


続きを読む


日帰り金峰山 [山]

 日帰りで金峰山へ。
 去年の秋には瑞牆山に登っていますが、金峰山はその隣の山。健脚だったり、富士見平あたりに泊まれば、一度に両方を制覇できそうですが、今回は金峰山を登山口からピストンしました。


2015100401.jpg
標高2365mの大弛峠からの登山道入口。

続きを読む


色づき始めた谷川岳 [山]

 谷川岳に日帰り登山をしてきました。
 連休とあって人も多く、ゆっくり写真を撮るのが難しかったのですが、それでも始まりかけた紅葉と雄大な景色に満足。

2015092201.jpg
ケーブルカーを降りて見る谷川岳。
双耳峰だというのがよくわかります。

続きを読む


バテバテ塔ノ岳 [山]

 4ヶ月ぶりくらいで山登りをしてきました。
 4ヶ月ぶりはいいのでですが、この2ヶ月間ほとんど外出せず引きこもっており、まともな運動をしていません。筋力もずいぶん低下しているだろうなぁと、体力測定も兼ねての塔ノ岳です。いやぁ、キツかった。

 コースは大倉からのピストン。登りはまあ何とか普通に行けたのですが、下りがダメダメ。膝が笑うし、ハムストの踏ん張りがきかなくなるし…。登山でハムストが疲れたのって初めてですが、これは自転車に乗っていないせいでしょうね。

 そして、なにより暑さにやられました。登り初めてすぐに滝汗。
 自分、かなりの汗かきなのですが、今回は本当にひどかった。水分は2.5Lくらい補給したのですが、体重は4kg減。つまり6L以上、体から水分を放出したことになります。これもバテる原因ですね。
 家に帰ってきてビールをゴクゴク飲んだら、体重はかなり戻ってきましたが(笑)。
 他の登山者と話をしたのですが、皆さん「暑い」を連呼していました。夏の低山はこれほど暑いということを身をもって知りました。

 その滝汗のせいで、首からぶら下げたカメラが、気がつくとびしょ濡れに! カメラもレンズも一応防塵、防滴ですが、塩水に耐えられるのでしょうか。最後まで動いていたので大丈夫でしょうけど…。

 と、まあ、そんな状態だったので、最初の3時間は調子が良かったものの、その後は歩くのも写真を撮るのも億劫で、今日は修行者の気分でした。


2015082201.jpg
登りはじめ。民家のサルスベリ。

続きを読む


2年前の北岳 [山]

 仕事でハードディスクを漁っていたら、2年前に登った北岳の写真が出てきました。
 あのときは、天候に恵まれていい山行でした。
 また行きたいなぁ。
 それにしても、ちゃんと山登りをしていません。この仕事が終わったら一泊か二泊でどこかに行きたいものですが、鈍った体でどこまでいけるか…。低山でトレーニングすることからでしょうか(苦笑)。


2015081101.jpg
間ノ岳側から見た北岳。


続きを読む


三頭山 [山]

 先週に引き続き今週も山です。
 奥多摩の三頭山へ、ヌカザス尾根を登りました。
 三頭山の標高は1531m。登山口へ至るバス停を降りたところの標高が540m。標高差991mを登りました。
 似たような高さの関東の山に塔ノ岳があります。塔ノ岳の標高は1491mで大倉の登山口のそれが290m。標高差は1200m。しかし、疲労度からすると今回の三頭山のほうが疲れました。ちょうど一年ほど前に塔ノ岳に登っているのですが、そのときのほうが疲れは少なかったように思います。

 さて、三頭山の頂上までのコースタイムは3時間ですが、登りばかりらしいので休憩を含めて4時間と見積もったら、少し早めに山頂に着きました。今回の荷物は9kgほどですが、このくらいだと歩行時間そのものはコースタイム以下になるようです。なんとなくですが、自分における、荷物の重さ、歩く速さ、疲労度の方程式ができつつあるような感じです。

 前日、いつものようにバスと電車の時間を調べると、大久保駅を5時20分に出れば、奥多摩駅には7時過ぎについて、そこからバスで8時前にはバス停につけるようです。山歩きの際は、特に初めての山ならなおさら早い時間から行動したいです。8時でも遅いなと思うのですが、仕方ない…。


2015050301.jpg
小河内神社バス停を降りるとそこにあるのは麦山の浮き橋。

続きを読む