So-net無料ブログ作成
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

MacBook Pro(mid 2012)をスペックアップ(今さらながら) [パソコン]

 K妻が使っているMacBookPro(mid 2012)ですが、最近やけに遅く感じているようで、買い換えも考えている様子。ただ、最新OS(High Sierra)だと使っているアプリの動作保証がなく、また最近のMacにはCDドライブもないので、二の足を踏んでいます。それなら、HDをSSDに、メモリ8GBを16GBにしたら? と提案をしたら「OK」ということで、やってあげる(上からのもの言い…)ことにしました。
 さっそく、SSD、メモリ、必要なドライバー2種をアマゾンで調達。こんなとき通販は本当に便利です。合計32,000円ほどでした。


2017101901.jpg
写真はSSDとメモリ。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0) 

ORICOのUSB3.0対応HDDスタンド [パソコン]

 先週まで仕事が詰まっていたわけですが、当然その間はデータのバックアップを頻繁に取ります。使っているパソコンがMacなのでTimaMcineを使えば簡単です。…と、それはいいのですが、今回、バックアップに使っているハードディスクの容量が不足し、仕事の途中でバックアップが取れない状況になってしまいました。
 バックアップ用のハードディスクはHDDスタンド(クレードル)を使っていて、それに1TBのハードディスクをセットしています。その容量不足です。以前にバックアップされたデータを消去して1TBを空にしても、やはり容量が足りません。しかたがないので、別々のハードディスクに細切れにデータを保存してやり過ごしましたが、仕事が一段落したのでバックアップ用のハードディスクを新調することにしました。仕事が終わったといっても、まだ日の目を見たわけではないので、もうしばらくはデータ保全に留意しなければなりません。

 これまで使ってきたHDDスタンドはIEEE1394b対応のものです。インターフェースの規格が古いのは仕方ないのですが、ネックはハードディスク容量の上限が1TBまでということ。つまり、ハードディスクだけでなくHDDスタンドも一緒に新調する必要がありました。

 ネットを徘徊し、といってもほとんどAmazonですが、検索を繰り返しました。当初は日本のメーカーの製品を当たっていましたが、レビューを見るとどうもいまひとつな印象。そのレビューをたどっていって見つけたのが、この製品でした。

2017080601.jpg
ORICO USB3.0 HDDスタンド。

 インターフェースはUSB3.0。十分です。よくわかりませんが、UASPにも対応とか。
 セットできるHDD容量の上限は、8TBとこれも十分。
 レビューも上々で、Macでも大丈夫とのこと。
 そして何より値段が安い。
 なんと2000円ちょっとです。
 もちろん、電源ケーブル、USBケーブルが付属します。
 もう即決で注文です(その後、透明モデルがあることを知ってそちらにすれば良かったと…笑)。

 先週末の金曜の夜に届いて、昨日の土曜日にセットアップ(といってもケーブルをつなぐだけ)、そしてバックアップ開始。問題なく動いています。トラブルなし。素晴らしい。
 ORICOというのは深圳のメーカーのようですが、日本のメーカーも頑張ってもらいたいですね。

続きを読む


nice!(9)  コメント(4) 

ギガビット回線になったので… [パソコン]

 先日、住んでいるマンションでネットのメンテがあり、ただのメンテだろうと思っていたら、どうやら回線速度が100メガから1ギガになったとのこと。

 iPadでのダウンロードが速いとか、動画再生がスムーズになったとか、微妙に速くなったような気はするので、回線のスピードテストをしてみました。
 普段使っている機器は、デスクトップPC(MacPro 2012)が有線、ノートPC(MacBook Pro 2015)が無線(11ac)、タブレット(iPad mini 2)が無線(おそくら11n)でそれぞれ接続しています。
 有線のルーターはもちろんギガビット対応。
 無線LANのアクセスポイント(WG1400HP、5GHzのみ使用)の11acでの理論転送値は867Mbps、11nの場合は300Mbpsという仕様です。

 テストは複数のサイトで行いましたが、PCで計測でき、またiOSのアプリも用意されているSppedtest.netでの結果を掲載します。

 なお、マンションのネット環境はベストエフォート。
 なので、何回か計測してより速い結果を採用しました。

●デスクトップPC(MacPro 2012)/有線LAN

2016110801.jpg
下りが729Mbps、上りがその半分くらい。
けっこう出ています。
これはチャンピオンデータですが、それでもコンスタントに500Mbps前後はいくようです。



続きを読む


PCのオーディオ出力にノイズが乗るのでDACにしてみた… [パソコン]

 タイトル通りです。
 普段の音楽鑑賞は、Macのアナログ出力(MacPro背面のミニジャック)につないだタイムドメインminiが鳴らす音です。素直な音が出る(と思っている)タイムドメインは気に入っているのですが、最近ガリが出るので、ばらして接点復活剤をプシューっと。
 それでガリは直ったのですが、どうも音にノイズが乗るというか、ところどころで割れるのが直りません。いろんなノイズを発生するパーツを積んだパソコンはノイズの宝庫と言われます。ただ、Macの場合、そういったノイズ対策がなされているようで、気にしたことがありませんでした。
 最近、ちゃんと音楽を聴いていなかったというのもあるのですが、また聴き出したらノイズや音割れが気になって仕方ありません。チープな自分の耳でも分かるほどです。Macにつながっている周辺機器を最低限のもの以外全部外し、SMCをリセットしてはみたのですが、改善されませんでした。

 それならと。
 デジタル出力してアナログ変換を外部で行えばいいんじゃないか。
 DAC(デジタル・アナログ・コンバーター)というやつですね。調べてみると1,000円程度の安いものから10万円くらいのものまでたくさんあります。圧縮した音楽ファイルがソースなので、高価なものではなくそこそこの音が鳴ればいいです。そして、光デジタルに対応し、ヘッドフォンジャックが付いているものを探すと、アマゾンに約4,000円と手頃な製品がありました。メーカーはTendak。始めて聞きましたが、悪いレビューもなさそうです。光オーディオケーブルと一緒にポチ。


2016102701.jpg
TendakのDAC。
MacProの背面にある光デジタル出力端子とつなぎ、DAC前面のステレオミニジャックにタイムドメインをつないでいます。電源はUSBで供給。


続きを読む


長時間のOSアップデートが終わった [パソコン]

 2台のMacと1台のWindowsを使っています。
 MacはYosemite、Winは7を使っていたのですが、自分が使うアプリケーションが最新OSに対応したし、Windowsは無料でアップデートできる締め切りが近づいてきたしで、一気にOSをアップデートすることにしました。先日、中断した作業の続きです。

 まずはMac。2015年製のMacBookProは何事もなくアップデート終了。2012年製のMacProは、クリーンインストールしたので、少し手間取ったものの何とか終了。

20160502501.jpg
EL Capitan。
EL CapitanはSplite Viewが便利そうです。


続きを読む


OSをアップデート [パソコン]

 遅ればせながら、なのですが、
 MacのOSをEl Capitanに、Windows7は10にアップデートすることにしました。

 手間がかかりそうなので避けていたのですが、時間ができたのでトライ…。
 情報収集から始まって,アップデートに取りかかりますが、それなりに時間がかかります。

20160502201.jpg

 そうこうしているうちに夕暮れ…。
 翌日以降に持ち越し。

プリンタ複合機を買い換え [パソコン]

 うちのプリンタはPX-5Vの他に、スキャンができる複合機もあって、スキャンとかコピーとか、簡単なプリントはそちらを使っています。PM-A950という9年前の機種です。

2015090901.jpg
PM-A950。


 ところが先日、インクを替えたら「インクの吸収パッドがいっぱいです」みたいなメッセージが表示され、サービスセンターでの修理をしなければならなくなりました。9年使ったし、純正のスキャナドライバが対応しなくなったりもしていたので、いっそ買い換えることにしました。

 量販店に行くと、けっこう、というか、かなり安い。
 そうです。プリンタの新製品って毎年秋口に出るので、現行モデル(すぐに旧モデル)の値段が一番安い時期なのです。いろいろなメーカーの製品を見て回ったあげく、結局同じエプソンのEP-807AB(黒モデル)という機種にしました。
 本体の税込み価格が約14000円(+10%ポイント)。kakaku.comで価格推移を見ると、平均価格は9月までが2万円ですが、新製品が出る9月に入ってあからさまに値段が下がります。新製品にこだわらないのであれば、まさにプリンタの買い時ですね。


続きを読む


MacBookPro 15インチ(2015)の写真性能 [パソコン]

 ウィークリーマンションにこもって仕事をしています。
 家にいるときの気分は自由人なので、すぐに飽きたり、眠くなったりして仕事を中断するのですが、場所が変わったせいで自分を自分で拘束する意識が働くようです。あとここまでやって休もう、とか、メリハリがついて仕事に集中できます。場所を変えたことによるプラスの効果ですね。

 さて、ウィークリーマンションではMacBookProで仕事をしているのですが、自分の場合、写真の色をどれだけ正確に再現できるかも重要です。
 以前、13インチのMacBookProを使ったときはキャリブレーションしても使い物にならなかったので、あまり当てにはしていなかったのですが、i1でプロファイルを作ってみたら、かなりの精度がでていました。

2015061802.jpg
一部の色でΔEが2.7となっていますが、平均ΔEは2以下。
けっこうすごい。

2015061803.jpg
露出計で輝度を測ったらきっかり80cd/㎡でした。

 このMacBook Proの色再現性の精度の高さはretinaのせいでしょうか。
 これなら安心して色補正ができます。

続きを読む


Yosemiteにアップデート [パソコン]

 今日はパソコンのメンテ。
 まだ右手が本調子じゃなく、十分に動かないし、動く範囲で動かすだけでもすごく疲れるので、ちょうどいい作業です。

 MacとWindowsと両方を使っていて、まずは、それぞれ不要なアプリやデータの削除。
 次にOSのアップデート。Windowsは7のままにして、Macは10.09から10.10(Yosemite)に。
 
 Yosemite対応のアプリが揃うまでと、アップデートを控えていましたが、Adobe関係は大丈夫、キヤノンのDPP4、EU3も大丈夫、ニコンのCapture NX-DやViewNX 2(ViewNX-i)も大丈夫、オリンパスのOLYMPUS Viewer 3も大丈夫、MSのOfficeも大丈夫と、およそ対応しているようなので、思い切って実行しました。


2015032101.jpg
無事アップデート終了。
 
 

続きを読む


無線LANルーター、リプレース [パソコン]

 昨日からインターネットにつながりにくい状態が続いています。
 有線LANでつないでいるパソコンの他に、無線LANでつないでるパソコンやiPadなどがあり、どちらもつながりにくかったのですが、無線LANのほうが頻繁にアクセスできなくなります。
 無線LAN内であれば接続が確認できるので、どうも外に出て行けない様子。いろいろやってみるものの状態は変わりません。ここんところ暑いし、そろそろ無線ルーターの寿命(4年)かも…。
 しかし、仕事が詰まっていて、ネットにつながらないと仕事が滞るような状況です。ルーターなんかにかまっている時間も惜しいので、急ぎ無線ルーターを買いに行きました。
 Atermのフラッグシップモデル(WG1800HP)を買いに行ったのですが、売り切れで入荷未定。代わりに1つ下のモデル(WG1400HP)を購入。無線の理論値速度は、前者が1300Mbps、後者が867Mbps。マンションがギガビット環境ではないので、まあ、どちらを選んでも(さらに下位機種を選んでも)ネット接続の速度は同じでしょうけどね…。
 でも、最近の無線ルーターは11acに対応していて、さらなる高速通信が期待できます。現状ウチには対応機器がありませんが、今買うなら11ac対応機器でしょう。将来への投資という意味で。


2014081101.jpg
セットアップ。
ウチは、宅内ハブ-無線LANルーターという環境。
有線でつなぐ分には、だいたいMAX70Mbps程度の速度です。


 

続きを読む


前の10件 | - パソコン ブログトップ