So-net無料ブログ作成
検索選択
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

ギガビット回線になったので… [パソコン]

 先日、住んでいるマンションでネットのメンテがあり、ただのメンテだろうと思っていたら、どうやら回線速度が100メガから1ギガになったとのこと。

 iPadでのダウンロードが速いとか、動画再生がスムーズになったとか、微妙に速くなったような気はするので、回線のスピードテストをしてみました。
 普段使っている機器は、デスクトップPC(MacPro 2012)が有線、ノートPC(MacBook Pro 2015)が無線(11ac)、タブレット(iPad mini 2)が無線(おそくら11n)でそれぞれ接続しています。
 有線のルーターはもちろんギガビット対応。
 無線LANのアクセスポイント(WG1400HP、5GHzのみ使用)の11acでの理論転送値は867Mbps、11nの場合は300Mbpsという仕様です。

 テストは複数のサイトで行いましたが、PCで計測でき、またiOSのアプリも用意されているSppedtest.netでの結果を掲載します。

 なお、マンションのネット環境はベストエフォート。
 なので、何回か計測してより速い結果を採用しました。

●デスクトップPC(MacPro 2012)/有線LAN

2016110801.jpg
下りが729Mbps、上りがその半分くらい。
けっこう出ています。
これはチャンピオンデータですが、それでもコンスタントに500Mbps前後はいくようです。



続きを読む


PCのオーディオ出力にノイズが乗るのでDACにしてみた… [パソコン]

 タイトル通りです。
 普段の音楽鑑賞は、Macのアナログ出力(MacPro背面のミニジャック)につないだタイムドメインminiが鳴らす音です。素直な音が出る(と思っている)タイムドメインは気に入っているのですが、最近ガリが出るので、ばらして接点復活剤をプシューっと。
 それでガリは直ったのですが、どうも音にノイズが乗るというか、ところどころで割れるのが直りません。いろんなノイズを発生するパーツを積んだパソコンはノイズの宝庫と言われます。ただ、Macの場合、そういったノイズ対策がなされているようで、気にしたことがありませんでした。
 最近、ちゃんと音楽を聴いていなかったというのもあるのですが、また聴き出したらノイズや音割れが気になって仕方ありません。チープな自分の耳でも分かるほどです。Macにつながっている周辺機器を最低限のもの以外全部外し、SMCをリセットしてはみたのですが、改善されませんでした。

 それならと。
 デジタル出力してアナログ変換を外部で行えばいいんじゃないか。
 DAC(デジタル・アナログ・コンバーター)というやつですね。調べてみると1,000円程度の安いものから10万円くらいのものまでたくさんあります。圧縮した音楽ファイルがソースなので、高価なものではなくそこそこの音が鳴ればいいです。そして、光デジタルに対応し、ヘッドフォンジャックが付いているものを探すと、アマゾンに約4,000円と手頃な製品がありました。メーカーはTendak。始めて聞きましたが、悪いレビューもなさそうです。光オーディオケーブルと一緒にポチ。


2016102701.jpg
TendakのDAC。
MacProの背面にある光デジタル出力端子とつなぎ、DAC前面のステレオミニジャックにタイムドメインをつないでいます。電源はUSBで供給。


続きを読む


長時間のOSアップデートが終わった [パソコン]

 2台のMacと1台のWindowsを使っています。
 MacはYosemite、Winは7を使っていたのですが、自分が使うアプリケーションが最新OSに対応したし、Windowsは無料でアップデートできる締め切りが近づいてきたしで、一気にOSをアップデートすることにしました。先日、中断した作業の続きです。

 まずはMac。2015年製のMacBookProは何事もなくアップデート終了。2012年製のMacProは、クリーンインストールしたので、少し手間取ったものの何とか終了。

20160502501.jpg
EL Capitan。
EL CapitanはSplite Viewが便利そうです。


続きを読む


OSをアップデート [パソコン]

 遅ればせながら、なのですが、
 MacのOSをEl Capitanに、Windows7は10にアップデートすることにしました。

 手間がかかりそうなので避けていたのですが、時間ができたのでトライ…。
 情報収集から始まって,アップデートに取りかかりますが、それなりに時間がかかります。

20160502201.jpg

 そうこうしているうちに夕暮れ…。
 翌日以降に持ち越し。

プリンタ複合機を買い換え [パソコン]

 うちのプリンタはPX-5Vの他に、スキャンができる複合機もあって、スキャンとかコピーとか、簡単なプリントはそちらを使っています。PM-A950という9年前の機種です。

2015090901.jpg
PM-A950。


 ところが先日、インクを替えたら「インクの吸収パッドがいっぱいです」みたいなメッセージが表示され、サービスセンターでの修理をしなければならなくなりました。9年使ったし、純正のスキャナドライバが対応しなくなったりもしていたので、いっそ買い換えることにしました。

 量販店に行くと、けっこう、というか、かなり安い。
 そうです。プリンタの新製品って毎年秋口に出るので、現行モデル(すぐに旧モデル)の値段が一番安い時期なのです。いろいろなメーカーの製品を見て回ったあげく、結局同じエプソンのEP-807AB(黒モデル)という機種にしました。
 本体の税込み価格が約14000円(+10%ポイント)。kakaku.comで価格推移を見ると、平均価格は9月までが2万円ですが、新製品が出る9月に入ってあからさまに値段が下がります。新製品にこだわらないのであれば、まさにプリンタの買い時ですね。


続きを読む


MacBookPro 15インチ(2015)の写真性能 [パソコン]

 ウィークリーマンションにこもって仕事をしています。
 家にいるときの気分は自由人なので、すぐに飽きたり、眠くなったりして仕事を中断するのですが、場所が変わったせいで自分を自分で拘束する意識が働くようです。あとここまでやって休もう、とか、メリハリがついて仕事に集中できます。場所を変えたことによるプラスの効果ですね。

 さて、ウィークリーマンションではMacBookProで仕事をしているのですが、自分の場合、写真の色をどれだけ正確に再現できるかも重要です。
 以前、13インチのMacBookProを使ったときはキャリブレーションしても使い物にならなかったので、あまり当てにはしていなかったのですが、i1でプロファイルを作ってみたら、かなりの精度がでていました。

2015061802.jpg
一部の色でΔEが2.7となっていますが、平均ΔEは2以下。
けっこうすごい。

2015061803.jpg
露出計で輝度を測ったらきっかり80cd/㎡でした。

 このMacBook Proの色再現性の精度の高さはretinaのせいでしょうか。
 これなら安心して色補正ができます。

続きを読む


Yosemiteにアップデート [パソコン]

 今日はパソコンのメンテ。
 まだ右手が本調子じゃなく、十分に動かないし、動く範囲で動かすだけでもすごく疲れるので、ちょうどいい作業です。

 MacとWindowsと両方を使っていて、まずは、それぞれ不要なアプリやデータの削除。
 次にOSのアップデート。Windowsは7のままにして、Macは10.09から10.10(Yosemite)に。
 
 Yosemite対応のアプリが揃うまでと、アップデートを控えていましたが、Adobe関係は大丈夫、キヤノンのDPP4、EU3も大丈夫、ニコンのCapture NX-DやViewNX 2(ViewNX-i)も大丈夫、オリンパスのOLYMPUS Viewer 3も大丈夫、MSのOfficeも大丈夫と、およそ対応しているようなので、思い切って実行しました。


2015032101.jpg
無事アップデート終了。
 
 

続きを読む


無線LANルーター、リプレース [パソコン]

 昨日からインターネットにつながりにくい状態が続いています。
 有線LANでつないでいるパソコンの他に、無線LANでつないでるパソコンやiPadなどがあり、どちらもつながりにくかったのですが、無線LANのほうが頻繁にアクセスできなくなります。
 無線LAN内であれば接続が確認できるので、どうも外に出て行けない様子。いろいろやってみるものの状態は変わりません。ここんところ暑いし、そろそろ無線ルーターの寿命(4年)かも…。
 しかし、仕事が詰まっていて、ネットにつながらないと仕事が滞るような状況です。ルーターなんかにかまっている時間も惜しいので、急ぎ無線ルーターを買いに行きました。
 Atermのフラッグシップモデル(WG1800HP)を買いに行ったのですが、売り切れで入荷未定。代わりに1つ下のモデル(WG1400HP)を購入。無線の理論値速度は、前者が1300Mbps、後者が867Mbps。マンションがギガビット環境ではないので、まあ、どちらを選んでも(さらに下位機種を選んでも)ネット接続の速度は同じでしょうけどね…。
 でも、最近の無線ルーターは11acに対応していて、さらなる高速通信が期待できます。現状ウチには対応機器がありませんが、今買うなら11ac対応機器でしょう。将来への投資という意味で。


2014081101.jpg
セットアップ。
ウチは、宅内ハブ-無線LANルーターという環境。
有線でつなぐ分には、だいたいMAX70Mbps程度の速度です。


 

続きを読む


MacPro(2012)用のUSB3.0カード [パソコン]

■PCIe拡張カードの相性問題

 ゴミ箱型MacPro、周囲でも届いたという声が聞こえつつある近頃ですが、自分のMacPro(2012)は、まだ現役を全う中。そのためにいくつか拡張カードを導入しています。

 最初に載せたのが、CalDigitのUSB3.0カード(PCI Express USB 3.0&eSATA Combo Card)。2年くらい前から使っています。USB3.0だけで良かったのですが、当時はまだ製品が少なくSATAポート兼備のものしかありませんでした。SATAポートは結局使っていませんが、今やUSB3.0の高速性は必要不可欠なものとなりました。

 その後、今年になってからSSDを購入し、それをVelocity Solo X2に取り付けてPCIeスロットに挿しました。SSDにはシステム(OSやアプリ)を入れて起動ディスクにしています。

 問題が起きたのはここから。
 CalDigitのUSB3.0カードとVelocity Solo X2の相性が悪いらしく、起動が非常に不安定になってしまいました。CalDigitのカードを抜けばPCIe上のSSDから起動するので、相性の問題と判断できます。
 拡張カードを挿す順序を変えたりして、タイミングが合えばSSDから起動するのですが、たとえば起動ディスクを変更したり、PRAMクリアをしたりすると、SSDのシステムを見失い起動しなくなります。そして、しばらくするとリカバリーシステムが起動します。こうなるとまた再起動するしかありません。

 結局、(再)起動時にoptionキーを押し続け、起動ディスクの選択肢を表示させてから、SSDを選んで起動するということを強いられてきました。このため、起動時にしばらくMacの前に居続けなければならないのが煩わしかったのです。

 その煩わしさもガマンの限界に達したので代わりのカードを探してみました。
 代わりのカードというのは、SSDを載せるSATAカードか、もしくはUSB3.0カード、そのいずれかです。
 SSDを載せるカードには、Velocity以外にsonnetのものがあるのですが、読み書き速度はVelocityが高速なようなので、これはそのまま使い続けたい。
 ということで代わりになるUSB3.0カードなのですが、探したところmatheyブランドのカード(FastU3 Mac)がありました。価格も4,000円台と安価(Mac用としては)。

 早速入手して、CalDigitのカードの代わりにMacProに取り付け、電源を入れてみます。
 これはドライバも不要なのでスロットに挿すだけです。
 すると…難なく起動しました。拍子抜けするくらい。
 いや、これが普通の状態なんですけどね。

 ちなみに、下の写真が新しく入手したカードとこれまで使っていたもの。

20140331.jpg
左がmatheyのFastU3 Mac。USB3.0ポート×4。
右がCal DigitのPCI Express USB 3.0&eSATA Combo Card。USB3.0×2、SATA3×2。

 結果的にUSB3.0ポートが4つに増えたのもラッキーでした。

 

続きを読む


プリンタ不調 [パソコン]

 どうもプリントの色がおかしい。
 先日、モニタを変えたばかりなので、色が違うのはモニタのせいかと思いきや、同じデータをあちこちで表示・プリントしてみたのですが、どうやらプリンタが原因のようです。

 色がおかしいだけでなく、ヘッドクリーニングしてもすぐにかすれるし、おまけにインクが紙面に頻繁に漏れるようになって(これまでも何回かあった)、使い物になりません。
 PX-5Vですが、購入してちょうど丸3年。これは買い換え? いやいや。

 PX-5Vと古いPM-A950とでプリントしてみると、PX-5Vは明らかにへん。

2014022301.jpg
インク漏れ。
色も寒色系に転んでおかしいし、濃度が出ていない。
後ろのPM-A950でのプリントのほうがイメージに近いです。


 

続きを読む


前の10件 | - パソコン ブログトップ