So-net無料ブログ作成

東京駅のリフレクション写真 [カメラ・写真]

 超大型連休ですが、パッとしない日が続きますね。東京近辺でちゃんと晴れたのってまだ1日しかないんじゃないでしょうか。休みがもったいない気がします。

 しかしながら、雨の日は雨の日なりの楽しみ方があります(なんて、うそ。雨の日に出かけるのは個人的には苦痛以外の何ものでないです)。知人の個展が始まったのに合わせて、雨の東京駅を撮ってきました。はやりのリフ写真です。

 個展会場は清澄白河。そこから東京駅への交通機関のアクセスが悪いので、テクテク一時間ほど歩いて到着。もっと早く着くかと思ったのですが、あとからグーグルマップで調べてみると4kmはあるんですね。

 東京駅の丸の内側に着くと、いるわいるわ。屈んだ大勢の人が水たまりの周りを囲っています。そうなんです。リフ写真を撮るには、なるべく水たまりの水面ギリギリから狙うときれいに撮れるんです。そのために、自分もコンパクトでも頑丈な三脚を持ってきました。そして、人を写したくないので長秒露光するためのレリーズも。
 そして撮ったのがこういった写真です。


2019043001.jpg
真ん中付近の街灯の黒い影が邪魔なんですが、水たまりの場所からするとこの位置がベストポジションでした。一分露光でだいぶ人の影は消えるのですが、それでもたむろしている若い人がずっと居続けたりして、結局最後は多少のレタッチで消しました。





2019043002.jpg
こちらは余計なものがあまり映り込まなかった。


2019043004.jpg
これは右側の駅の入り口に人影と、中央左にカバンが…。
面倒になって消すのをやめました(笑)。


 一時間三十分ほど、小雨に濡れながら撮っていました。
 いい場所は人気で、その場所が空くのを待つまでその隣で撮ったりとか、それなりの混雑でした。GW中ということもあり、撮影旅行に来ている人もいたかもしれませんね。

 
 仕上げにいろいろ画像処理をしていますが、ハイライト飛びがやっぱりきつい。細部まできちんと仕上げるには多段階露光して合成するしかないですね。


2019043003.jpg
これは、清澄白河から東京駅に向かう途中の清洲橋から。

 
 しかしながら、明日も天気はパッとしない予報です。
 後半の、続く晴れマークに期待です。

nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。