So-net無料ブログ作成

折り畳みのスプーンとフォーク

 山ご飯でのカトラリーの話し。

 山でのご飯は、麺類とかアルファ米が多いのですが、その際に使うのは箸よりもフォークやスプーン。箸はものをつまむにはいいですが、ゲル状、液状のものを食べる際には不便なので、フォーク&スプーンを持参しています。
 いつも持っていくのは、プラスチック製の片方がフォーク、片方がスプーンになった一体型のもの。使い勝手はまあまあなのですが、ただ、自分が使っているクッカーには収まりが悪く、また両側に反っているので収納性も意外に悪い。


2019050402.jpg
一体型のフォーク&スプーン。
プラスチック製で安いのですが、収納が悪い。





 何か、他にいいものがないかとネットを物色していたら、折り畳み式のものがありました。ものは試しと購入。


2019050405.jpg
折り畳みのスプーンとフォーク。
伸ばした状態。

2019050403.jpg
畳んだ状態(表)。

2019050404.jpg
畳んだ状態(裏)。

2019050401.jpg
クッカーにもスッポリ収まる。


 悪くなさそうです。
 チタン製のためか、舌に触れると金属の味(?)が強く、しばらくジリジリと残りましたが、使っているうちに刺激は弱くなるかも…。
 同様の製品でステンレス製もあるので、金属味が強いようなら、そちらに乗り換えるとして、しばらく使ってみることにしました。
 さっそく、明日の塔ノ岳で実践投入です。

nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。