So-net無料ブログ作成

スポークのテンション調整とフレ取り [自転車]

 ホイールを組んでもらっておよそ四ヶ月。
 しばらく前から、走っている最中に後輪からカランカランとか、カンカンとか、スポークを弾くような音がすることがありました。スポークのテンションを見てみると、素人の勘ですが、緩いように感じます。だましだまし走っていたのですが、今週日曜に荒サイを走ったとき、その音がもう頻繁に出るようになってしまい、放っておけない状況に…。

 あまり自分ではやりたくはないものの、経験は積んでおきたいスポークの調整。スポークの調整はフレとの戦いです。まずは、ネットで調べた、タイラップを使った簡易振れ取り器を作成しました。


●簡易振れ取り器の完成

 下の写真が簡易振れ取り器。
タイラップを取り付け、ほどよい長さにカットしてリムギリギリにセットします。
これでタイヤを回転させると、こすれる部分で音がするのでヨコブレがわかります。
注視すればタテブレも把握できます。

2019051601.jpg
タイラップを使った簡易振れ取り器。
両側にこのようにタイラップを取り付けます。




続きを読む


nice!(8)  コメント(0)