So-net無料ブログ作成

Lightroomの同期(3/3)Lightroom(スマホ・タブレット版)の同期設定 [レタッチ]

Lightroom(スマホ・タブレット版)の同期設定をする


 スマホやタブレットに提供されているLightroomで、Lightroom Classicなどと同期する方法を紹介します。
 スマホやタブレット用のLightroomも、アドビのアカウントでログインされていれば、基本的には自動的に同期されます。
 同期が行われない場合、以下の設定を見直してみてください。
※ここではiPadを使って説明します。


1)ログインしていない場合

 Lightroomを初めて起動するような場合は、まずはログインする必要があります。

sync31.jpg
Lightroomを初めて起動するような場合は、このような画面が表示されます。まずは「ログイン」ボタンをクリックします。

sync32.jpg
この画面でアドビIDとパスワードを入力し、ログインします。


続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

Lightroomの同期(2/3)Lightroom(PC版)の同期設定 [レタッチ]

Lightroom(PC版)の同期設定をする

 Lightroom Classicで同期を設定したら、次はLightroomで同期された写真が反映されるように設定を行います。
 …といっても、Lightroomがきちんと起動する状態であれば、ほとんどの場合、Lightroom Classicで同期された写真とコレクション(Lightroomでは「アルバム」)が自動的に反映(表示)されます。
 ここでは、Lightroomに同期が反映されない場合の設定の確認を見ていきます。
 なお、同期するにはインターネットに接続されている必要があります。


1)Lightroomを起動する

 Lightroomを起動します。このときアドビのサーバーにログインしていないと、ログイン画面が現れるのでログインします。
 Lightroomに対して特に何も操作を行っていなければ、そのまま同期が始まります(3)にススム)。

sync21.jpg
Lightroomの起動画面(初期状態)。

sync22.jpg
この画面が表示されたらアドビIDとパスワードを入力してログインします。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

Lightroomの同期(1/3)Lightroom Classicの同期設定 [レタッチ]

Lightroomを同期して使うための設定方法


 最近、気に入っているクラウドを利用したモバイルでのLightroomの使い方です。デスクトップPCのLightroom ClassicとノートPCのLightroom CCを同期させることで、仕事場の作業の続きをリビングや外出先で続けることができます。作業を効率化するという目的だけでなく、場所を変えて作業をすることで気分転換にもなります。

 

つい最近までLightroom Classic CCという名前だったデスクトップアプリケーションは「Lightroom Classic」という名前に変わりました。
また、PC版やスマホ・タブレットで使えるLightroom CCという名前のアプリは単に「Lightroom」という名前に変わっています。
 



sync00.jpg


●Lightroomのモバイル利用で効率化したり気分転換できる

 以前、Lightroomには「Lightroom Mobile」というスマホとかタブレット用のアプリがありました。しかし、昨年(2018年)に「Lightroom Classic CC」とともに「Lightroom CC」が登場し、デスクトップ版は「Lightroom Classic CC」、PCやスマホ・タブレットで利用できるモバイル版は「Lightroom CC」という名前になりました(さらに2019年6月現在で確認したところ、「Lightroom Classic CC」は「Lightroom Classic」に、「Lightroom CC」は「Lightroom」に変わりました。以下、最新の名称で表記します)。

 機能的にはLightroom Classicが豊富で、作品づくりや仕事の写真を仕上げるにはこれが必須なのですが、Lightroomをモバイル利用することで、どこでも仕事の続きができたり、場所を変えて気分転換して作業をしたりすることができます。
 自分の場合、ある程度マイペースで仕事ができるので効率化という点ではあまりメリットを感じませんが、写真のセレクトや簡単なレタッチなどを、仕事場に縛られず、リビングやネット環境のあるカフェなどで行えるので、気分転換に(笑)Lightroomを使っています。

 Lightroom ClassicとLightroom(あ~、書き分けが面倒!)の連携(同期)ですが、アドビのクラウドを利用します。「フォトプラン」などいずれかのサブスクリプションを購入すれば、特に何もせずにクラウドを利用できます。

 連携(同期)する際、Lightroom Classicをメインとするか、Lightroomをメインとするかで使い方が変わってきます。デスクトップPCを利用し、写真データをハードディスクに保管したいというならLightroom Classicをメインにします。写真の作品づくりをしたい多くの人はこのタイプでしょう。
 Lightroomをメインというか連携の入り口にすることもできますが、Lightroomは撮りためた写真の管理機能が極端に弱く使いにくいのでその話は省略します。ここではLightroom Classicをメインとした話をします。



続きを読む


nice!(3)  コメント(0)