So-net無料ブログ作成

ワンクリックで色かぶり(WB)を補正する [レタッチ]

ワンクリックで色かぶり(WB)を補正する


 撮った写真の色がイメージと違う…。それはおそらく「色かぶり」を起こしたためです。色かぶりの多くは、被写体を照らす光とカメラのWB設定が合致していないために起こります。「色温度」や「色かぶり補正」などのスライダーでは難しい色かぶり補正ですが、実はワンタッチで補正することが可能です。
 ここではLightroom Classicでの操作を例にしますが、他のRAW現像ソフトでも同様の操作で色かぶりを補正することができます。


1)色かぶりした画像の確認

 カメラのWB(ホワイトバランス)をこまめに設定し直す人はともかく、RAWで撮影しているからといってWB設定に無頓着な人も多いように思います。自分もそのクチです。RAWで撮っておけば、現像時にWBを自由に設定し直せるので、撮影にあれこれ悩んだり設定し直す必要がなく、撮影に集中できます。厳密には、RAWであっても撮影時に適切なWBに設定するのがヨシとされる(現像時の画質劣化・画質低下が少なく済む)ようですが、撮影時にいちいち設定を変えるのはやはり面倒ですよね(苦笑)。
 自分の場合、WBはほぼ常に「太陽光」になっています。写真を始めた頃はデイライトタイプのポジフィルムを使っていたこともあり、「光源は太陽光」というのが刷り込まれているためです(笑)。デジタルカメラで写真を始めた人は、WBを「オート」にしている人も案外多いようです。「オート」はかなり優秀で、様々なシーンにおいてクリアな発色が得られますが、しかし万能ではありません。時にはカメラのオートWBも迷うことがあって、そんなときは色かぶりした画像になってしまいます。
 下の夜景写真は黄色〜緑っぽく色かぶりをしています。夜景は特に色かぶりが生じやすいシチュエーションですが、これは窓越しに撮っているため、さらに色かぶりがひどくなっています。

WB_AUTO_01.jpg
E-M5 Mark IIで撮影。WBは5300K(太陽光)に設定。
黄色〜緑っぽい色かぶりが生じ、濁った印象です。


続きを読む


nice!(8)  コメント(0)