So-net無料ブログ作成
飲み食い ブログトップ
前の10件 | -

トラジャ・サパン [飲み食い]

 ストックのコーヒー豆がなくなったので、いつものように武蔵境へ。
 今日は気温も30℃を下回り、気持ちよく自転車を漕げるかと思いきや、ぜんぜん暑くて汗ダラダラ。店に入るのが憚られました。運動不足か夏バテか、往復32kmの距離が遠かった。帰る頃には軽い脱水症状っぽかった。おかげで、ここ二十年くらい見たことのない体重計の目盛りに、我ながら驚きました。急激に体重が落ちすぎなので、水分、野菜、タンパク質を補給、ってただの食事ですが、してなんとか体力回復。やっぱり夏の運動は十分に気をつけないとまずいと、再確認した次第です。

 そんな危険を冒して(笑)買ってきたのは5種類のコーヒー豆。ひとつ、見かけがおもしろいのがありました。それがインドネシアの「トラジャ・サパン」。
 というのは、豆の色が揃っていないんです。いつも買う豆屋は焙煎がとても上手で、上手に均一に焼き上げます。このトラジャ・サパンも同様に焼いているのですが、豆ごとにムラがあるのは、実は精製の仕方が違うそうです。
 店主に話を聞くと「スマトラ式」で精製するので、生豆の段階でムラになるのだとか。興味のある人はグーグル先生に聞いて欲しいのですが、なんでもウォッシュタイプでも、通常は殻付きのまま乾燥するのに、スマトラ式では脱穀してからも乾燥させるのだそうです。殻がない裸の状態なので、乾燥度合いに差が出やすいのでしょうかね。

 淹れて飲んでみると、酸味が少なく優しく深い甘み。
 自分、コーヒー好きながら一度にたくさんの量を飲めないのですが、これはふうわりとしているので、続けて飲めそうな気がしました。


2018090501.jpg
トラジャ・サパン



続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

あづま家にて朝ラーメン [飲み食い]

 長年(20年近く)、北新宿に住んでいます。
 何もないところですが、モヤさまの初回のロケ地だったり、この間までヨドバシカメラの本社があったり(2019年3月に新宿5丁目、厚生年金会館跡地に移転)、もっと昔には激安スーパーの黒潮市場があったり、もっともっと昔には民音があったりと、意外とツウ好みの土地ではないかと思っています。
 しかし、そんなマイナーな土地にも、ややメジャーな施設があります。
 それが淀橋市場!! というほどメジャーな施設ではないですが(笑)、最近では孤独のグルメでゴローさんが市場内の食堂を訪ねてひっそりとブームになっていたりします。

 市場内に食堂があるのは知っていて気になっていたのですが、一般人はなんとなく入りにくいのでスルーしてましたが、ドラマの影響もあり、意を決して入ってきました(大げさ)。
 南門の守衛さんに食堂に行きたいというと、あっちと指さした建物の一階にありました。二件。一件はゴローさんが入った食堂。自販機コーナーを挟んでその隣にはラーメン屋。
 今日行ったのはもちろんラーメン屋のあづま家さん。朝の5時30分から昼過ぎまでやっています。朝の10時頃訪ねました。
 店に入ると元気のいいお兄さんがお出迎え。
 チャーシゥ麺(メニューの表記ママ)を頼みます。

 しばらくして出てきたチャーシュー麺は、オーソドックスな醤油味スープにほどよい感じの縮れ麺。うん、自分が子どもの頃に食べていたラーメンの味です。少々、塩と油分が強めなのは、市場で働く人のことを考えてでしょうか。


2018082401.jpg
チャーシゥ麺、600円なり。
6枚のチャーシュウは意外と存在感がありました。
細ネギなのもうれしいところ。


続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

夏の訪れはハモとともに… [飲み食い]

 近くの居酒屋でハモがメニューに載るようになったので、さっそく食べに行ってきました。ちょうど、K妻の仕事も一段落したということで、店で待ち合わせ。
 さっそくハモを頼みます。ハモの天ぷらなどの料理もあるのですが、一番好きなのはやっぱり湯引きですね。それに焼き霜も頼みました。ハモ、いいですよね。毎日でも食べたいくらいです。ここは湯引きなどがそれなりの量で1,000円以下のリーズナブル料金なのも嬉しいです。

2019061401.jpg
ハモの湯引きと焼き霜づくり。


続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

日本酒祭り [飲み食い]

 以前勤めていた会社の先輩から声がかかりました。日本酒を飲みに行こう。
 探したら原価で出すという店を見つけ、予約。渋谷です。
 二人とも非サラリーマンなので17時から飲みを開始。
 と同時に、自分の知り合いNさんから飲みの誘いの電話が入り、Nさんの知らないひとだけど来る? と聞いたら、行くとのことで、18時に店で合流。
 3人ともそこそこ飲みます。いったい何本の酒を空けたのか。お酒は瓶で提供され1合弱くらい? 猪口×4くらいの量。それが、だいたい400〜500円と、リーズナブルでした。
 つまみは4〜5品で、最後の会計が14,000円だったので、たぶん20本くらい注文したのでしょうか。いい気分になって散会。この店、あちこちにあるようなので(新宿にもある)、いろんな種類の酒を飲みたくなったらまた行ってみようと思います。
 ちなみに、一番印象に残ってまた飲みたいなと思ったのが「ロ万」でした。
 写真は、始まりの2本。

2018080201.jpg


 うぃ〜(笑)。

nice!(9)  コメント(2) 

雨なので [飲み食い]

 天気予報を見ると来週まで曇りか雨。まさに秋の長雨ですね。ちょっと憂鬱。
 雨なので、街で用事を済ませます。目的は眼鏡のナイロールの交換です。
 いくつか眼鏡を持っていて、パリ●キ、●真、メガネ●ーパーなどで作っていますが、全部ナイロールフレームです。メガネ自体の重さを軽くしたいというのが一番の理由ですが、困るのがときどきナイロールが切れてレンズが外れてしまうこと。これまで2度ほど経験しました。幸いにして2回とも家での出来事だったので特に問題にもならなかったのですが、外出中、たとえば自転車に乗っているときにもし切れたらと思うと、ゾッとします。
 ずっと昔に買ったナイロールのメガネは10年以上経っても切れていませんが、別のメガネは1年経たずに切れました。その経験があるので、1年を目安にナイロールを交換するようにしています。購入店に持っていき、5〜10分ほどで交換終了。今回は鼻当ても変えてくれました。無料です。ありがとうございました。


 その後、ブラブラしていたら、気になる店を発見。
 16時頃ですが、開いているし、うまそうだし、入ってみます。

2017101401.jpg
なんとヨナヨナの生です。
知らなかった〜。


続きを読む


nice!(10)  コメント(4) 

初めての燻製づくりとうまいビールの注ぎ方 [飲み食い]

 なぜか朝から体調が悪くて半日ダウン。
 せっかくの休みなのに。午後に回復したので、前々から作ってみたいと思っていた燻製を作ってみました。まったくの初心者なので、とりあえず失敗してもいいかというくらいのつもりで、段ボールの燻製キットを1,000円ほどで購入。
 いぶず材料にはスモークウッドとスモークチップという2つがあって、スモークウッドはブロック状で、一度火をつければ、あとはそのまま煙を出してくれます。温燻法というやや低温で燻製を造る場合に用い、熱源が不要のため段ボール燻製でも利用できます。スモークチップはその名前どおりチップ状のもので熱源が必要となり、高温で燻す熱燻法というやり方。段ボールのキットには、桜のスモークウッドが入っていました。ちなみにキットはこんなもの

 燻製作りに取りかかります。
 段ボールキットを組み立て、材料を金網に並べ、スモークウッドに火を着け、あとは待つだけ。ときどき中を覗きましたが、どうも温度が低い。30度くらい? このキット、アルミホイルの皿にスモークウッドを乗せるのですが、空気の通りが悪いのであまり強く煙が出ない感じでした。あとで調べると、アルミホイルの代わりに網などを使うと燃えすぎて、段ボールのだと危険なようです。なるほどね。
 ウッドスモーク自体は1時間30分ほどで燃え尽きると書いてありましたが、今回は燃え尽きるのに2時間30分ほどかかりました。

 しばらく待ってご開帳。
 段ボールの蓋を開けると、すごい煙です。今回ベランダで行ったのですが、近隣住戸から苦情が来るようなレベルかも…。サーキュレーターで煙を追い払いながら、できた燻製を取り出しました。

2017100802.jpg
初めて造った燻製。
見栄えはそこそこ。


続きを読む


nice!(11)  コメント(2) 

酔鯨 特別純米 [飲み食い]

2017080301.jpg

久しぶりに飲んでみました。
もしかして、ラベルが変わった?
ラベルには、2017年7月とプリントされていました。


 もともと辛口で重い酒というイメージがあり、それが数年前に串揚げ屋で飲んだら、イメージ一新のうま口の酒だったのですが、今回は、また元に戻って酸が強い辛口で重い酒になっていました。常温です。酸があってあと口も切れるかと思いきや、案外、残っていたりして。まあ、自分の場合、体調とともに一緒に食べるものとの組み合わせでも印象は大きく変わるんですけど。燗をつけたら少しまろやかになったような。


 これと一緒にリーアンドペリンも見つけたので買ってきました。これ、いいですね。イギリス人のようにトマトジュースに入れて飲んでみよう。

又兵衛 いわき郷 純米酒 [飲み食い]

 行きつけの飲み屋さんでは、定期的に福島の日本酒を仕入れています。そのついでにとお願いしていた又兵衛が入ったので、頂いてきました。

20170220.jpg


 何年か前に物産展で飲んで気に入った酒ですが、改めて飲んでみると、思った以上にしっかりしています。酒って、合わせるつまみが味が違ったり、外で飲むのと家で飲むのとでも印象が違ったりするのですが、でもこんなに麹くさかったけ?
 実は冷蔵庫で冷やしたのを飲んだのですが、燗をつけたら、とたんに柔らかな口当たり、バランスの良い味わいになりました。自分の場合、これは常温か燗のほうが好みのようです。

 そうえば、福島の酒で、郡山市田村町の自然酒も気になっています。サイトを見ると、都内でも取扱店があるようですね。今度探してみようと思います。

紀土、スーパーでゲット [飲み食い]

 近くのスーパーに行ったら、なんと紀土が売っていました。
 純米吟醸と純米大吟醸の2種類。一升瓶で純米吟醸をゲットしました。
 何とかフェアではなくて、常備しているような様子です。

2016101301.jpg

 ほどよい吟醸香と酸、甘みがあって苦みも感じます。
 飲み屋に行っても、紀土があればつい頼んでしまいます。。
 ツツーと喉を流れていくので、酒だけでいくらでも飲めそうです(笑)。


 しかし、こうした地酒が酒屋ではなくスーパー(オリンピック)で買えるのが、なんとなく驚きです。
 そんなに生産量が多いようには思えないのですけどね。

連休最後に飲み食い [飲み食い]

 家でゴロゴロしていた三連休の最後は、やっぱり飲み食い。
 先日、満席で断られた新宿駅すぐ近くの店に行ったのですが、残念ながら休日。
 小滝橋通りを歩いていると、もひとつの気になる店が開いていたのでそちらへ。


2016071901.jpg
炉端焼きの店のお通し。
お通しですが、見事な刺身です。


 写真はありませんが、一杯目は奈良萬のぬる燗。
 夏の燗酒も体に染みます。


2016071902.jpg
豚肉を塩麹で漬けたもの。
塩麹のおかげか、肉が軟らかくうまい。
右上の広口の猪口に入っているのは、玉川の山廃純米の燗。
うまみがあって酸があって、豚肉によく合いました。
最初に奈良萬を飲んだせいで、一口目の玉川の味の濃さにびっくりしましたが、二口目からは舌に馴染んできました。飲み飽きすることもなさそうです。


 さて、このお店。70席ほどがいつもいっぱいです。
 予約なしだとなかなか入りにくい店ですが、今日はラッキーでした。
 しかし、周りを見渡すとアラサーのお客さんばかり。
 自分たちで微妙に平均年齢を上げてしまいました(笑)。


続きを読む


前の10件 | - 飲み食い ブログトップ